CONTENT コンテンツ

売却しやすい不動産と売却しにくい不動産の違いは?売却のコツもチェック

不動産を所有している・相続で所有する可能性がある、という方で気になるところが「自分が所有している不動産は売れるのか?」という点だと思います。
事実、売却しやすい不動産・売却しにくい不動産というのは存在しています。
そこで、今回はその不動産を解説していきます。

1、売却しやすい不動産とは?

①立地条件が良い
②道路との接道が良い(間口が広い)
③土地の形が良い

です。
では、1つずつ解説していきます。

①立地条件が良い

駅・街中心部・スーパー学校近くだと、生きていくうえで生活がしやすく、人も集まる為、人気がある場合が殆どです。
今後、日本では人口減少が危惧されており、郊外で生活するのは難しくなってくると言われております。その為、自身で確認するときは、街中心部かどうかを確認してみましょう。

②道路との接道が良い(間口が広い)

間口が広い不動産だと、車の出入りがしやすく、購入希望者のイメージが湧きやすいです。
反対に、間口が狭い場合だと、旗竿地と言わる形状で車の駐車が縦列駐車になってしまいます。もちろん、縦列駐車より並列駐車の方が、駐車しやすいですよね。

③土地の形が良い

土地の形というの、長方形・正方形が好ましいと言われております。理由としては、建物を建築する際に建築しやすく、ある程度の建物を建築することが出来ます。反対に土地の形が三角形や台形だと、土地の形に合わせた建物になる為、自分の好きな建物を建築する事が出来ない場合もあります。

売却しにくい土地とは

先程ご説明した通り、売却しにくい不動産は
①街中心部から外れている
②間口が狭い
③土地の形が良くない
等が挙げられます。

もし、自分が所有している不動産が、売却しやすいかどうか気になる場合は株式会社萬屋に是非ご相談下さい。